読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stars and The Moon

舞台、ミュージカル、映画、お出かけ、スイーツ、美味しいごはん•••etc.

映画 『マイ・インターン』

映画

マイ・インターン

 

 

見て良かった〜、とても好きになれる映画でした!

心暖まるわー、ほっこりしたし、じんわりと涙が滲みましたよ。

 

 

 

もう上映終わりかけだけれど、

【ネタバレ】です。

 

 

とにかく、ロバート・デ・ニーロがとても素敵な紳士で可愛くって!

いいおじいちゃんだった〜

いや、おじいちゃんというのも失礼だけど、職場にこれくらいの年齢の経験豊富な人が入ってきたら、普通なら敬遠されるかそっとしておくかになっちゃうんじゃないかと思うんですよね。

でも彼演じるベンは、現代の若者へも柔軟に理解を示すし、必要とされる時にアドバイスするし、優しい。皆に好かれてる。

ベンの存在にホント心癒されたわ〜

古き良きものを若者に教えるのもいいですね。若者の方も、そんな古くさいものと思わず、素敵、カッコイイと言って受け入れてるし。

年配の男性が周りの若者に慕われているのが、私もとても嬉しく感じました。

 

アン・ハサウェイのジュールズ、現代の働く女性にとっては理想的な環境にいますよね。

仕事に成功して、専業主夫になってくれた夫と可愛い子供、職場の環境や人間関係も良くて。ベンという素敵な部下もできて。

夫の浮気はあったものの、結局は元サヤに戻ってるし。

こんな上手いこといくかー、と思いつつも、頑張ってる女性を見ると嬉しくなるし、悩んで苦しみつつもいい方向へ向かって行くことを良かったなと思えます。

 

あぁ、そうか。自分がジュールズのようになることはないし、ベンみたいな人が現れることもないから、夢を見させてもらってこんなに素敵な気持ちになれたのか〜

 

それにしても、アメリカの社会は進んでるような気がしますが、それでもやっぱり女性差別や働くママへの偏見や見下しが問題としてありますね〜

でも私も、ジュールズそんなに頑張らなくてもいいのにと思ったしなあ。

夫のマットが元はバリバリ働く人だったのに、ジュールズの為に専業主夫になったというのも、可哀想と思ってしまったから。

私も同じ女性なのに偏見があるということなのかな。

 

あと気になったのが、ジュールズのママの家に侵入してセキュリティが鳴ったのに、その後大丈夫だったのでしょうか?

その後については何も触れられてなかったけど。

 

それから、日本語で “サヨナラ” と挨拶してましたね。

なんか理由があるのですかね?

お寿司食べてるシーンもありましたしね。

ただ単にジュールズが日本好きなのか、お寿司が好きなだけか、サヨナラという言葉が流行ってるのかな?

 

この映画は良いよという評判を聞いて見に行きました。

見に行って正解でした。

いつもはTOHOシネマズへ行くのですけど(シネマイレージがあるし)、でもTOHOではもうやってなくて、別の映画館に行きました。

もう上映終わりかけだけれど、ギリギリ見に行けてよかったです。