読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stars and The Moon

舞台、ミュージカル、映画、お出かけ、スイーツ、美味しいごはん•••etc.

『アルカディア』 2016/04/13,14,24 ソワレ,マチネ,マチネ

アルカディア』      シアターコクーン

 

 

観る前は難しくて全然意味わからなかったらどうしよう・・と思っていたのですけど、大変面白かったです!!

確かにわからないところも多々あるのだけど、xやyの数式とか全くわからないですけど、でもとても面白かった。

 

これは観る前に多少は予習して行って良かったです。

雑誌のインタビュー記事などで人物名などは覚えていたし、開演前にパンフレットの人物相関図は頭に入れておいた方がいいですね。

あと、飼っているペットの亀の名前も。

 

19世紀の英国貴族のお屋敷に住む人々の会話から始まったこの作品、200年後に時代が変わり、同じ部屋で現代の人物たちがまさしく先ほどの19世紀の人々について研究しています。

過去と現代のシーンが交互に繰り返されて話が進み、徐々にシンクロしていって謎が解き明かされるという展開が本当に面白くて。

 

過去の出来事を現代の人たちの研究や発見で説明していたりするんですよね。

過去の何気ない行動が、現代では謎として残されていたり。

ちょっとしたトリックなんかもあり。

そういったミステリー要素がありつつ、恋愛模様が描かれていたり、笑えるシーンもたくさんあって。

本当に面白かった。

いたるところに過去と現代の繋がりを感じました。

 

正直、1回観ただけではわからなかったところもあったんですけど。

2回目から3回目のあいだが10日あいたので、その間にいろいろ考えたり劇評や感想を読んだりしたら、初めて気付くこともありました。

え、そうだったっけ?とか、そういうことだったのかー!とか人の感想で教えてもらったことたくさん。

それらを3回目で確認したり自分で気付いたりで、やっと納得したり理解できて、3回目観劇が一番面白かったです。

浦井くんのヴァレンタインが何故あんなに苛立って怒っているのか、最初わからなかったりしましたから。

 

考えれば考えるほど、観れば観るほど理解が深まり面白く感じるという、こんな作品をたくさん観たいですね。

本当に観終わったあとに、いろいろ考えが巡って気付くことたくさんでしたからね。

あぁでも、時間が経てば忘れちゃうからな〜、忘れたくないな。

秋に日本語の戯曲本が出るらしいので読みたいです。

映像化してくれたらいいのにな。