Stars and The Moon

舞台、ミュージカル、映画、お出かけ、スイーツ、美味しいごはん•••etc.

『ビッグ・フィッシュ』 2017/02/11,12 マチネ,マチネ

ビッグ・フィッシュ』      日生劇場

 

 

f:id:sakiko2002:20170213233149j:image

 

 

観に行って来ました。

かなり昔に映画を見たことがあったのですけど、あまり意味がよくわからない印象だったのですよね。

その印象だけ残っていて、どんな話だったか全然覚えてないのですけど。

で、ミュージカルを観て。

あ、こんな家族愛の物語だったんだと、初めて知りました。

父から息子へ、さらにその息子へと繋がっていく物語でした。

 

演出がとても良かったなあと思いました。

大きな魚が泳いでいる映像も感動的だったし、映画の色鮮やかさが舞台で再現されていて素敵だった。

さすがに映画のファンタジー感そのままというのは難しいでしょうけど、歌とダンスで表現されていたし、照明が綺麗でファンタジックでしたよ。

1回目は1階前方席だったので照明は見辛かったけど、2回目が2階席だったので全体よく見えて良かったなあ。

 

川平慈英さんは本当にエドワードそのものだった。

歌って踊って出ずっぱりだったので、すごいなあと思いました。

ウィルの浦井くんは劇場中に響き渡る歌声が素敵で、本当にこの歌声が好きだなと改めて♡

父を理解したいと思っているのにイライラ仲違いしてしまって、でも最後にはやっぱりこの父の息子なんだと和解する姿が感動的でした。

ウィルにとって父は、大人になってもやっぱり憧れで大好きな存在だったのだと思いますよ。

 

とても良かったなと思ったのが赤根那奈ちゃん。

1789を観た時が、ただ可愛いだけじゃない、とても芯のあるヒロインだなとの印象だったのですけど。

今回のジョセフィーンも等身大の素敵な女性で、且つとても可愛くて、かなりの好印象でした。

可愛らしい娘役さんなのかなと思ってましたが、お姫様のような役ではなく、現代的な大人の女性の役をたくさんやって欲しいなと思います。

いや、本当に那奈ちゃん良かったなあ。

 

感動して号泣するとの声を聞いたりしていました。

私は号泣するほどではなくて、泣きたかったなあ・・なんて思って少し残念でしたけど。

でも感動作であることは間違いないので、あと1回の観劇を大切に観たいと思います。

感動の涙を流したいな。

浦井くんの父に対するわだかまりから和解への過程には感動するんですけどね。